2014年10月08日

体操世界選手権 0.1点差逆転負けに「完全なアウェー」

体操の世界選手権は第5日の7日、男子団体総合の決勝があり、日本は273.269点で2位。1978年ストラスブール大会以来、36年ぶりの優勝はならなかった。中国が273.369点で6連覇を達成した。

1.jpg


 得点が中国を下回ったことが分かると、日本の選手たちはぼうぜんと電光掲示板の表示を見つめるしかなかった。最後の種目で逆転されて0.1点差。主将の内村は複雑な表情を浮かべながら「完全なアウェーだった。僕らとしてはやるべきことはやった」と話した。

 最初の床運動では、白井が代名詞のひねり技の軸がずれてラインオーバーの減点。だが、動じることなく最後の後方宙返り4回ひねりは完璧な着地だった。続くあん馬は予選で落下した亀山が15点台を出して存在価値を示した。一芸に秀でたスペシャリストのいる最初の2種目で中国に3点以上の差を付けた。

 しかし、ここから観客席の「加油(頑張れ)」の大声援を受けた中国の巻き返しにさらされる。懸命に粘って、ほぼ1点差で迎えた最後の種目の鉄棒。田中が離れ技を冷静に決め、6種目中5種目に出場した内村も宙から舞い降りてぴたりと着地を決める。日本はほぼミスなく演技を終えたが、あとに演技して、やはりミスのなかった中国の演技への評価の方が高かった。

 またも中国の「壁」に阻まれた。自分の技に絶対の自信を持ち、大舞台で実力を発揮する中国から序盤はリードを奪い、追いつめた。「これが採点競技の怖さと思い知らされた」と加藤。選手たちの表情は「なぜ」と問いかけているようだったが、この悔しさを晴らす舞台が2年後のリオデジャネイロ五輪で待っている。
posted by ニューブロ at 08:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。